格安スマホに乗り換えるなら今です。キャリは2年縛りが多く、まだまだ解約できないと思っていますが、実は、違約金が発生しても格安スマホに乗り換えることで数か月で相殺されます。私は評判のいい楽天モバイルに乗り換えました。今ではキャリのときよりも半分以下の携帯料金になています。
アロベビーのサイト

 

楽天モバイルのプラン

一番安いのベーシックプランです。高速通信容量がありません、200kbの低速なのでネットの閲覧するのも厳しい速度といえます。ネットラジオなどなら問題ないかもしれませんがオススメできないプランです。

 

次は3,1GBですが、標準的で人気のプランです。通話SIMで月額1600円とリーズナブル。5GBからはアプリ、ゲームなどをする機会が多い方のプランです。
その上は10GBあります。これは必要ないかなと正直思います。
それと言うのもちゃんとした理由があります。それは楽天モバイルには通信制限があります。3日の通信料のトータルで出されます。プランが大きくなれば制限も大きくなりますが通信制限があり10GBを使うことは少ないかと思われます。また楽天モバイルには評判のよい余った通信料を翌月に持ち越せることができるのです。
その点を考えた上でオススメは3、1GBか5GBになります。
容量の痛快オプションもありますが、かなり割高です。100MBで300円です。プラン変更も可能なので、追加だけは避けたいですね。

 

 

楽天モバイルの通信スピード

NTTドコモ系のMVNOなので遅くはありません。普通以上なので問題なくネットの閲覧は可能でしょう。ただ問題はあります。ドコモの回線を使っているからと言ってもドコモと同等ではありません。なので都市などで多くの人が使うとき、ひる時などは多少遅くなる可能性も十分あることを頭に入れておきましょう

 

 

楽天モバイルの端末

楽天モバイルの端末はMVNO中でも多いです。人気のハイスペックきZenfone2などがあります。有名メーカーもあるのでキャリに負けない機種が揃っています。タブレットもあります。楽天モバイルに乗り換えるのは端末とSIMのセットだけではありません。ドコモなら今使っている端末をそのまま使えます

 

 

楽天でんわ

MVNOのデメリットとして定額の通話プランがないことがあげられます。
通話の度に料金が発生してしまえば、携帯料金が上がり、格安スマホとして本末転倒になってしまうます。しかし楽天モバイルには楽天でんわがあります。これはオプションで月額850円で付けられる機能です。アプリをインストールするので会話の質が悪いと思われますが、そんなことはありません。通常の電話の質とかわらないのです。
5分以上会話すると料金が発生しますが、通常の通話料金よりも高くないのです。このことかた楽天モバイルの楽天でんわは非常に評判のよいオプションといえ電話を使いたい方にはオススメなのです。

 

 

まとめ

楽天モバイルの特徴を上げていきます。格安スマホの比較をすればそこまで価格差はでてきません。どこの会社も値段を意識しているからです。選ぶべきポイントは人によって異なるのです。私は通話もでき、ネットもできる評判のよい楽天モバイルがトータル的に優れているのではないかと思います。
キャンペーンも毎月していますし、楽天ポイントで通販で買い物もできます。